気になるけど相談しづらい!不正出血が続く時はこんな病気の可能性が

不正出血とは生理以外のときに膣から出血することを言いますが、なにか病気が潜んでいる可能性があります。

婦人科系の症状は相談しにくいと感じる人が多いですが、出血が続くようなら早めに受診することをお勧めします。

不正出血の原因というのはいろいろあって自己診断は危険ですが、不正出血が起こる病気をいくつかご紹介しましょう。

一言で出血といっても出血している場所は子宮かもしれないし、膣かもしれません。

生理と生理の間には排卵期というのがありますが、この時期は排卵痛と呼ばれる痛みとともに出血が起こる場合があります。

排卵期の出血で出血量がそれほど多くなければあまり心配する必要はありません。

出血を伴う病気として考えられるのはポリープや子宮内膜症、子宮筋腫、子宮膣部びらんをはじめ、子宮頸がん、卵管ガン、膣ガンなどガンなどがあります。

子宮内膜症とは本来子宮内にある内膜が子宮以外の場所に発生する病気です。通常は内膜は月経時に出血となって排出されますが、卵巣などに溜まるとチョコレート嚢胞となります。

子宮筋腫は40代以上の女性にとても多い病気です。子宮筋腫は良性の腫瘍ですがひどくなると出血を伴うようになります。

子宮頚部びらんは子宮入り口の赤く見える部分のことでとくに問題はないのですが、皮膚が薄いので出血を起こしやすいのです。

あまりに出血がひどいようなら簡単な手術で症状が改善されます。このように出血は女性特有の病気が原因という場合が多いのです。

その他の原因としてはホルモンの乱れによる出血が考えられます。通常女性ホルモンのバランスによって生理周期などが決まっています。

しかし、ホルモンバランスが乱れることによって生理ではない時期に子宮内膜などが剥がれ落ち、出血となって体外へ排出されてしまいます。

ホルモンバランスを整えるためには規則正しい生活をする、ストレスを溜めない、十分な睡眠を摂るなどが有効です。

出血は子宮のガンの可能性もあります。良く知られた女性特有のガンの一つが子宮頸がんです。子宮の上皮にできるガンのことで、浸潤性で子宮の周りの組織に広がったり、血液やリンパ液に乗って全身に転移することもあります。

子宮頸がんの発生率が最も高いのは40代、50代です。子宮体ガンは子宮の太くなった部分に発生するガンのことで、こちらも40代50代に最も多いガンです。

閉経後に発生することもありますので、今後も注意する必要があります。閉経すると生理で内膜がはがれることがなくなるので、がん細胞が増殖しやすいそうです。

長年女性をやっていると多少の不正出血や茶色いオリモノに慣れっこになっている人が多いので、出血があってもすぐに受診ということにはなりません。

婦人科受診は気が重いということも手伝って、気が付くと受診しようと思ってから数カ月経っていたなんてこともよくあります。

生理でもないのに出血した、出血量が多い、痛みがあるという症状が長く続くようでしたらすぐに受診することをおすすめします。

どんな病気にも言えることですが、ガンの可能性が排除できないかぎり悠長な考え方はしない方がいいと思います。