体に力が入らない!手足がこわばる!それはリウマチかも

リウマチとは誰でも聞いたことがある病気ですが、おばあちゃんがなる手足の痛みというイメージが強いのではないでしょうか。

実際にリウマチは高齢者の病気と認識されているようですが実は30代から50代の患者が最も多いのです。

命に関わる病気じゃないし、、、そう思ったら大間違いです。リウマチによる痛みは耐え難く、日常生活に支障をきたすことも少なくないのです。

リウマチは免疫の異常により関節の腫れや痛みが生じる病気です。ひどくなると骨や軟骨が変形し、手足を動かすことができなくなるケースもあります。

通常免疫とは私たちの体に入ってくる有毒物質を攻撃します。しかし、免疫の異常が起こると関節の組織や骨、軟骨などを有毒物質とみなし、攻撃してしまいます。

ただ、リウマチのはっきりした原因というのは未だわかっていないのです。おもにストレスやウィルス感染、疲労などが原因と言われています。

先程30代から50代に発症する人が多いという話をしましたが、それも大半が女性です。女性は男性の5倍の割合で発症しています。

リウマチの初期症状といえば、朝起きたときの手足のこわばりや疲労感などです。関節炎などで腫れることもあります。

ひどくなるとひざなどの関節に水腫ができたり、腱鞘炎になったりします。腱鞘炎になったことがある人は多いと思いますが、指先が動かしにくく痛みを伴います。

さらに重症化すると骨や軟骨が変形します。指先が変な方向に曲がるなど、リウマチは筋肉にも影響を及ぼします。

関節や骨以外にもリウマチは全身に病気を引き起こします。胸膜炎などの肺障害や炎症によってできるタンパク質によって心不全や腎不全を起こすこともあります。

じゃあ、どうしたらいいのかということですがとにかく早期発見が大事です。炎症が広がらないうちに治療を始めることが何よりも大事です。

以前はとりあえず痛みを取り除くような治療しかできなかったのですが、現在では薬や手術、リハビリなど一人一人の症状に合わせた治療が可能となっています。

リウマチの症状を解消するために用いられる薬にはいくつか種類があります。痛みや炎症を抑える薬、免疫異常を改善する薬、骨や軟骨の変形を抑える薬などが挙げられます。

薬を用いる前に全身のリウマチの進行具合などを詳しく調べます。

リハビリではリウマチに効くと言われる関節を使う体操や指先を動かす体操などを行います。こちらも症状やリウマチの箇所に応じて異なります。

さらに重症のときには手術を行います。人工関節を入れたり、頸椎が変形しないように固定したりするのが主な手術の方法です。

しかし、40代で手術が必要なほど重症化することはありませんので、投薬治療や自宅でのリハビリで改善されることがほとんどです。

指輪が抜けにくくなった、朝起きた時に指先がこわばる、物を落としやすい、箸や歯ブラシが持ちにくい、ボタンをかけにくいなど日常生活であれっ?と思うことがあったらリウマチの初期症状かもしれませんので注意してください。