食べ物がスムーズに食べれない!胸やけがひどいなら逆流性食道炎かも

最近40代50代の間で急増中の病気といえば、逆流性食道炎です。

その病名通り、胃から食道へ胃の内容物が逆流する疾患ですが最近とくに増えているようで気になります。

おもな症状としては胸やけがする、喉に違和感を感じる、声がかすれる、咳が出る、口臭が気になるなどが挙げられます。

上記の症状に心当たりがあれば、それは逆流性食道炎かもしれません。

通常胃と食道の境目には下部食道括約帯という逆流を防止するための帯があります。食べ物を吐いたり、げっぷをするときにはこの帯は緩みます。

しかし、なんでもないときに開いたり、緩むようになると問題です。

私たちの胃の中では入ってきた食べ物をタンパク質へ分解するために消化酵素を含む胃酸が分泌されています。

この胃酸の分泌が胃そのものを荒らさないために胃の壁は粘膜によって守られています。

しかし、逆流性食道炎によって胃酸が食道に侵入するようになると食道には胃酸から壁を守る粘膜がありませんから炎症を起こしたり、ただれたり、時には潰瘍になったりします。

逆流性食道炎を疑われたらまずは受診して検査を行います。最も一般的な検査は内視鏡による検査です。

口や鼻から胃カメラを挿入し、胃や食道の状態をチェックします。胃酸の分泌を抑える薬を一定期間服用し、改善がみられるかどうかという検査を行うこともあります。

その他にも24時間モニタリング検査では胃酸の量を測ることで逆流性食道炎の有無を確認します。

以上のような検査で逆流性食道炎が認められた場合には、胃酸の分泌を抑える薬や胃の動きを活発にする薬などを投与します。

しかし、残念ながら薬による治療をやめると再び症状が現れるケースが多いのです。これ以上逆流性食道炎に悩まされないためには油っぽいものや高カロリーのものを控えた食生活に改善するしかありません。

胃や食道の機能を低下させてしまうストレスも逆流性食道炎の大敵です。

逆流性食道炎を放置しておくとどうなってしまうのでしょうか。不快な症状に常に悩まされるのはもちろんのことですかもっと深刻な事態に陥ることもあります。

食道が長い間胃酸にさらされると、食道の粘膜は防御策として、胃の粘膜へと変化していきます。別のものへ変化するということは細胞や組織に多大な刺激を与えることになり、食道がんの原因となります。

また食道が胃酸にさらされ、炎症や潰瘍ができることで、食道壁が傷ついたり、腫れたりしてぼこぼこになり、食べ物の通り道が狭くなります。

そのための飲み込みづらくなったり、むせてしまったりします。時には出血することもあります。

逆流性食道炎を予防するためには前述の通り消化に悪いものを摂らない、食べてすぐ横にならない、運動をする、お腹をしめつけない、一気に沢山食べないなどを守ることが大事です。

再発しやすい病気ゆえ、一時的ではなく長期的な生活習慣の改善が必要となるのは必須ですね。

健康的な生活は逆流性食道炎以外の沢山の病気や疾患にも有効であることを言い聞かせ、改善に努めましょう。