残尿感が半端ない!膀胱炎は放置すると大変なことに!

下半身の病気はとくに女性にとっては嫌なものです。

女性がなりやすい病気の一つが膀胱炎です。私は大学生のときに初めて膀胱炎になりましたが、それからも何度かなっています。

膀胱炎はどちらかといえば若い女性がなりやすいというイメージがありますが、40代の今も周囲で膀胱炎になった話を耳にします。

私が初めて膀胱炎になったときは留学中だったのですが、膀胱炎という英単語がわからず辞書をひきながら大学内のクリニックに行ったのを覚えています。

アメリカ人のナースはとくに驚いた顔もせず、診察もせず、薬を渡してくれました。おそらくアメリカでも珍しくない病気なのでしょうね。

膀胱炎は大腸から細菌が膀胱へと入り込み炎症を起こす病気です。

突然膀胱炎になってしまう急性膀胱炎が一般的ですが、急性膀胱炎を繰り返すうちに慢性的な膀胱炎を引き起こすこともあります。

膀胱炎の特徴としては、排尿の際に痛みがある、頻尿になる、尿が白く濁っているなどが挙げられます。

おそらくあまりにも違和感があるため、これはおかしいと気づかない人はいないでしょう。とくに私がつらかったのは残尿感が酷かったことです。

寝ていても常にトイレに行きたい気がして、全く眠れませんでした。あまりの不快感に翌朝一番で受診しました。

受診すると尿検査が行われます。尿の中で炎症の有無を示す白血球の数が増えていれば膀胱炎と診断されます。

しかし、最近では膀胱炎で受診する人が増えているのでわざわざ尿検査をしない場合もあります。以前になったことがあり、症状がわかっていればすぐに薬を処方してくれます。

また最近では市販薬も何種類か販売されているので、初期段階で症状がひどくなければ市販薬で済ますこともできます。

ただし最近は耐性菌なども出てきているようなので、市販薬では聞かない場合はやはり病院に行く必要があります。

病院で処方される薬は菌を殺してくれる抗生剤です。抗生剤は勝手に服用を中止せず、処方された分は必ず飲み切るのが鉄則です。

処方された薬を飲むとあっという間に不快な症状が改善されます。すぐに痛みや残尿感がなくなりますので、もっと早く受診すればよかったと思うことでしょう。

女性がなりやすい膀胱炎、なにか予防策としてできることはあるのでしょうか。

膀胱炎が起こりやすいのは冬場、寒い時期です。また風邪をひいたり、疲れているときには免疫力が低下し、膀胱炎にかかりやすくなります。

もしも慢性膀胱炎になってしまったら、ツボ押しや漢方薬なども試してみる価値がありそうです。漢方薬に詳しいクリニックなどに相談してみるといいでしょう。

膀胱炎はとにかく症状が不快なので放置する人は少ないと思うのですが、万が一膀胱炎が悪化するとどうなってしまうのでしょうか。

炎症がひどくなると尿に血が混じるようになり、高熱が出ます。膀胱と腎臓は尿管でつながっているため、細菌が腎臓へ入り込み、腎盂腎炎を起こします。

腎盂腎炎を起こすと腎臓の機能が低下し、ダメージを受けます。悪化すると腎臓が正常に機能しなくなり、生涯透析が必要な体になってしまう危険性もあります。

とにかく排尿時に違和感を感じたら、すぐに受診してください。

高血圧は様々な重篤な病気を引き起こす!食事と運動で改善を

高血圧に気を付けましょう、なんて高齢者に向けられた言葉だと思っていましたが、アラフォーにも関係ないとは言い切れません。

40代女性に高血圧が増えているという記事を目にしましたがなぜ高血圧になってしまうのでしょうか。

高血圧だと何が起こるのか理解していない方もいると思いますが、多くの病気は高血圧を起因としています。

心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞、、、これらの重篤な病気は高血圧による動脈硬化が原因で起こります。

高血圧がなぜ危険なのかというと、血圧が高い状態が続くと血管は破れないようにと血管が厚く、固くなります。

柔軟性を失い固くなった血管では必要なときに必要な場所へ血液を運ぶことができません。そのため血流不足が起こり、脳梗塞や心筋梗塞が起きてしまうのです。

40代女性の場合、すぐに命にかかわるというわけではありませんが、すでに血圧が高めの人は加齢とともにますます血圧が上昇する危険性があります。

高血圧を引き起こす主な原因は塩分の摂り過ぎ、お酒やたばこ、肥満やストレスなどが挙げられます。

その他にも40代、50代の女性は更年期高血圧という症状に悩まされることもあります。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンには血圧を下げる働きがあるため、更年期になりエストロゲンが減少すると高血圧になりやすくなります。

自律神経が乱れることも、血圧のコントロールがしにくくなる原因です。更年期障害を緩和するホルモン補充療法も高血圧に影響を及ぼします。

高血圧とは最大血圧が130mmHg以上のことを指します。ちなみに私は反対に低血圧で最小血圧が70mmHg、最高血圧が90mmHgです。

低血圧は朝起きるのが苦手というイメージが以外にも、めまい、動機、息切れ、不眠、胸やけなどいろいろ弊害があります。

さて、高血圧の話に戻りますが、高血圧になりやすい40代女性は今から予防策を練ることが欠かせません。

血圧を下げるためには食事療法、運動がメインとなります。とくに塩分の多い食事は避けたいものです。塩分を摂ると血液中の浸透圧を一定にするために水分量が増えます。

血液中の水分が増えると血管にかかる圧力も増え、高血圧となってしまうわけです。高血圧予防の最初の一歩は減塩することです。

欧米ではダッシュ食と呼ばれる食事療法があります。カリウム、マグネシウム、カルシウムなどの塩分の排出を促してくれる野菜やナッツ類を多くとる食事療法です。

ぜひ試してみたいですね。

高血圧と診断されてもすぐに薬を飲むわけではありません。もちろん最大血圧が160mmHgを超える場合にはすぐに降圧剤を飲む必要がありますが、それ以外にはまず食事や運動療法から始めます。

3カ月程度続けて、効果が見られなければ降圧剤による治療も考えなければなりません。降圧剤にはリスクもありますので、血圧を下げるためにはできる限り自分自身で努力するしかないのかなと思います。

降圧剤は薬の作用によって一時的に血圧を下げているにすぎませんのでやめれば再び血圧が上がってしまいます。

時には血圧を下げ過ぎて血流が悪くなるなどの障害もありますので、やはり薬に頼らず早いうちから高血圧に注意した生活をするべきだと思います。

本当に怖い生活習慣病といえば糖尿病!最悪死に至ることも

最近やたら喉が渇く、トイレが近い、体重が減っているなどの自覚症状はありませんか。

ひょっとしたらそれは糖尿病かもしれません。糖尿病と聞くと太っている人がなるようなイメージがありますがそんなことはありません。

どちらかというとやせ型の40代女性でも糖尿病患者が増えています。

2型糖尿病はゆっくりと進行するため糖尿病と気づくのは40歳を越えてからということが多いのです。

糖尿病とはインスリン不足による低血糖状態が慢性的に起こる疾患です。

健康な人の場合、空腹時には血糖値が低く、食事をした後に血糖値が高くなります。しかし、糖尿病の人は空腹時でも血糖値が高いのが特徴です。

インスリンと血糖値の関係を簡単に説明しますね。私たちは炭水化物を食べることで糖質を摂取し、その際に血糖値が上がります。

糖質はブドウ糖に変えられ、エネルギーとして消費され、血糖値が低下します。インスリンはホルモンの一種で血糖値を下げる役割を果たします。

このインスリンが十分に働かない状態が糖尿病です。糖尿病はなかなか発見しにくい疾患なのですが、放置しておくと様々な合併症を引き起こします。

糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害をはじめ、脳梗塞や心筋梗塞など命を脅かす重篤な病気もあります。

糖尿病になると糖尿病網膜症や白内障、緑内障などの目の病気になりやすくなります。また腎臓に障害が起こりやすく、腎機能が低下し一生人工透析が必要となるケースもあります。

糖尿病の診断には血液検査が有効です。ヘモグロビンA1cでは過去のヘモグロビンの数値を検査します。その他にも空腹時の血糖値を測ったり、ブドウ糖液を使った負荷試験などがあります。

もっとも確実なこの検査はブドウ糖液を飲み、30分後、1時間後、2時間後に血糖値の測定します。一定以上の数値が出た場合には糖尿病と診断されるわけです。

糖尿病と診断されてもパニックにならないでください。初期であれば薬ではなく、生活習慣を変えることで症状の改善が期待できます。

まずは食生活の改善が必要不可欠です。最近では糖尿病患者を対象としたレシピ本なども多く出版されていますので、低カロリーの食事を摂るようにしましょう。

糖尿病の場合、とくに炭水化物を制限した食事法が有効と言われています。ごはんやパン、パスタなどは美味しいですが、量を守って食事に取り入れる必要があります。

野菜なども線維が多く、糖質の吸収を緩やかにしてくれるので積極的に摂りたい食品です。とくにマグネシウム含む食品が糖尿病にはいいらしいです。

日常的に運動を欠かさないことも大事です。運動をするとブドウ糖が消費され、血糖値が上がるのを抑えてくれます。

私が個人的におすすめしたいのは人工甘味料です。糖尿病になるとどうしても甘いものを控えるようにと指導されます。

アラフォー女性にとってスイーツのない人生は悲しすぎます。そこでどうしても甘いものが食べたくなったら、コーヒーやヨーグルトなどに人工甘味料を入れて食べてみてください。

ただし人工甘味料の中には発がん性が疑われているものもありますので、長期的に摂取することはおすすめできません。

炭水化物が控えめで、肉や野菜も茹でたり蒸したりすることが多い糖尿病レシピは美容にも良いとされる要素が満載です。

ヘルシーな料理を楽しみながら糖尿病やそのほかの成人病を吹き飛ばしましょう。

食べ物がスムーズに食べれない!胸やけがひどいなら逆流性食道炎かも

最近40代50代の間で急増中の病気といえば、逆流性食道炎です。

その病名通り、胃から食道へ胃の内容物が逆流する疾患ですが最近とくに増えているようで気になります。

おもな症状としては胸やけがする、喉に違和感を感じる、声がかすれる、咳が出る、口臭が気になるなどが挙げられます。

上記の症状に心当たりがあれば、それは逆流性食道炎かもしれません。

通常胃と食道の境目には下部食道括約帯という逆流を防止するための帯があります。食べ物を吐いたり、げっぷをするときにはこの帯は緩みます。

しかし、なんでもないときに開いたり、緩むようになると問題です。

私たちの胃の中では入ってきた食べ物をタンパク質へ分解するために消化酵素を含む胃酸が分泌されています。

この胃酸の分泌が胃そのものを荒らさないために胃の壁は粘膜によって守られています。

しかし、逆流性食道炎によって胃酸が食道に侵入するようになると食道には胃酸から壁を守る粘膜がありませんから炎症を起こしたり、ただれたり、時には潰瘍になったりします。

逆流性食道炎を疑われたらまずは受診して検査を行います。最も一般的な検査は内視鏡による検査です。

口や鼻から胃カメラを挿入し、胃や食道の状態をチェックします。胃酸の分泌を抑える薬を一定期間服用し、改善がみられるかどうかという検査を行うこともあります。

その他にも24時間モニタリング検査では胃酸の量を測ることで逆流性食道炎の有無を確認します。

以上のような検査で逆流性食道炎が認められた場合には、胃酸の分泌を抑える薬や胃の動きを活発にする薬などを投与します。

しかし、残念ながら薬による治療をやめると再び症状が現れるケースが多いのです。これ以上逆流性食道炎に悩まされないためには油っぽいものや高カロリーのものを控えた食生活に改善するしかありません。

胃や食道の機能を低下させてしまうストレスも逆流性食道炎の大敵です。

逆流性食道炎を放置しておくとどうなってしまうのでしょうか。不快な症状に常に悩まされるのはもちろんのことですかもっと深刻な事態に陥ることもあります。

食道が長い間胃酸にさらされると、食道の粘膜は防御策として、胃の粘膜へと変化していきます。別のものへ変化するということは細胞や組織に多大な刺激を与えることになり、食道がんの原因となります。

また食道が胃酸にさらされ、炎症や潰瘍ができることで、食道壁が傷ついたり、腫れたりしてぼこぼこになり、食べ物の通り道が狭くなります。

そのための飲み込みづらくなったり、むせてしまったりします。時には出血することもあります。

逆流性食道炎を予防するためには前述の通り消化に悪いものを摂らない、食べてすぐ横にならない、運動をする、お腹をしめつけない、一気に沢山食べないなどを守ることが大事です。

再発しやすい病気ゆえ、一時的ではなく長期的な生活習慣の改善が必要となるのは必須ですね。

健康的な生活は逆流性食道炎以外の沢山の病気や疾患にも有効であることを言い聞かせ、改善に努めましょう。