原因不明の湿疹で眠れない!蕁麻疹は根気強く治そう

アラフォーともなると何よりも気になるのがお肌のこと。シミ取りレーザーやリフトアップ、ヒアルロン酸注入などの話は友人の間でちらほら聞かれるようになります。

40代のお肌の悩みは尽きませんが、今回は美容ではなく病気や疾患について詳しく取り上げたいと思います。

体の他の部位同様、いやそれ以上に紫外線に直接さらされる肌は病気にかかりやすいと言えます。また40代で直面する多大なストレスは肌トラブルを起こりやすくします。

40代女性で最も多いのが肌のかゆみやじんましんです。単に痒いだけですし、病気というわけでもないので、わざわざ受診していない人も多いと思います。

なぜ40代になると肌のかゆみや湿疹が増えるのか、それはずばり肌の潤いが減っているからです。これは更年期障害とも関係ある症状と言えます。

40代になるとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が減り、肌の水分や油分の量が著しく低下します。そのために外からの刺激を受けやすくなり、赤くなったり、痒くなったりしてしまうのです。

極端の暑さや寒さによる温度差が肌を刺激して、蕁麻疹を起こすことがあります。また水仕事や薬剤をつかって掃除をする女性は湿疹を起こしやすいです。

痒いとつい掻いてしまいますが、掻くことにより肌がさらに敏感になり、湿疹になりやすくなるという悪循環を引き起こします。

このような湿疹や蕁麻疹を防ぐためには肌を強くする必要があります。肌を強くするというのは肌のバリアを整えるということです。

それにはやはり普段から保湿クリームや症状に合った塗り薬を塗ることが大事です。皮膚科でよく処方されるのがプロペトやヒルドイドなどの保湿クリームです。

これらは劇的な変化をもたらすことはありませんが、塗り続けることで常に肌に水分や油分を与え、外界からの刺激に対しバリアを作ってくれます。

また水仕事をする時にはゴム手袋をするように心がけましょう。わざわざ手袋をするのは面倒、衛生面で気になるなどの意見もありますが、肌を守ることは大事ですよ。

もちろんその他にもアラフォーを悩ます皮膚の疾患はたくさんあります。脂漏性皮膚炎というのを知ってますか?頭皮や顔などに起こりやすく、皮膚がめくれフケのようなものが出ます。

実は私自身も脂漏性皮膚炎にてこずった張本人です。脂漏性皮膚炎は過剰な皮脂やストレスによって起こるようで、いわゆるカビが原因です。

乾燥して皮がむけるのだろうと思って保湿クリームを塗りたくっていたけど全然良くならず、赤くなって炎症は一向に収まらない。

知人から勧められた皮膚科を受診し、原因がわかり、ニゾラールと亜鉛化軟膏を塗り始めたらようやく改善されました。それでも完治するまで半年以上かかりました。

このように皮膚の炎症や湿疹の理由は様々で、症状にあった薬や治療が必要になります。自己判断で勝手に市販の薬を塗るのはNGですが、インターネットで自分の症状に似たものを探し、皮膚科で診断してもらうのはいいと思います。

その他にもヘルペスや帯状疱疹もストレスや免疫の低下によって起こりやすく、アラフォーは注意したい皮膚疾患です。