本当に怖い生活習慣病といえば糖尿病!最悪死に至ることも

最近やたら喉が渇く、トイレが近い、体重が減っているなどの自覚症状はありませんか。

ひょっとしたらそれは糖尿病かもしれません。糖尿病と聞くと太っている人がなるようなイメージがありますがそんなことはありません。

どちらかというとやせ型の40代女性でも糖尿病患者が増えています。

2型糖尿病はゆっくりと進行するため糖尿病と気づくのは40歳を越えてからということが多いのです。

糖尿病とはインスリン不足による低血糖状態が慢性的に起こる疾患です。

健康な人の場合、空腹時には血糖値が低く、食事をした後に血糖値が高くなります。しかし、糖尿病の人は空腹時でも血糖値が高いのが特徴です。

インスリンと血糖値の関係を簡単に説明しますね。私たちは炭水化物を食べることで糖質を摂取し、その際に血糖値が上がります。

糖質はブドウ糖に変えられ、エネルギーとして消費され、血糖値が低下します。インスリンはホルモンの一種で血糖値を下げる役割を果たします。

このインスリンが十分に働かない状態が糖尿病です。糖尿病はなかなか発見しにくい疾患なのですが、放置しておくと様々な合併症を引き起こします。

糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害をはじめ、脳梗塞や心筋梗塞など命を脅かす重篤な病気もあります。

糖尿病になると糖尿病網膜症や白内障、緑内障などの目の病気になりやすくなります。また腎臓に障害が起こりやすく、腎機能が低下し一生人工透析が必要となるケースもあります。

糖尿病の診断には血液検査が有効です。ヘモグロビンA1cでは過去のヘモグロビンの数値を検査します。その他にも空腹時の血糖値を測ったり、ブドウ糖液を使った負荷試験などがあります。

もっとも確実なこの検査はブドウ糖液を飲み、30分後、1時間後、2時間後に血糖値の測定します。一定以上の数値が出た場合には糖尿病と診断されるわけです。

糖尿病と診断されてもパニックにならないでください。初期であれば薬ではなく、生活習慣を変えることで症状の改善が期待できます。

まずは食生活の改善が必要不可欠です。最近では糖尿病患者を対象としたレシピ本なども多く出版されていますので、低カロリーの食事を摂るようにしましょう。

糖尿病の場合、とくに炭水化物を制限した食事法が有効と言われています。ごはんやパン、パスタなどは美味しいですが、量を守って食事に取り入れる必要があります。

野菜なども線維が多く、糖質の吸収を緩やかにしてくれるので積極的に摂りたい食品です。とくにマグネシウム含む食品が糖尿病にはいいらしいです。

日常的に運動を欠かさないことも大事です。運動をするとブドウ糖が消費され、血糖値が上がるのを抑えてくれます。

私が個人的におすすめしたいのは人工甘味料です。糖尿病になるとどうしても甘いものを控えるようにと指導されます。

アラフォー女性にとってスイーツのない人生は悲しすぎます。そこでどうしても甘いものが食べたくなったら、コーヒーやヨーグルトなどに人工甘味料を入れて食べてみてください。

ただし人工甘味料の中には発がん性が疑われているものもありますので、長期的に摂取することはおすすめできません。

炭水化物が控えめで、肉や野菜も茹でたり蒸したりすることが多い糖尿病レシピは美容にも良いとされる要素が満載です。

ヘルシーな料理を楽しみながら糖尿病やそのほかの成人病を吹き飛ばしましょう。